ボランティアさん募集


「おーあみ避難所」は、横浜市青葉区に2か所のシェルターを運営しています。
「福島原発20キロ圏内 犬猫救出プロジェクト」として福島の元原発警戒区域で保護した犬猫たちをお世話するために、大網直子リーダーが2011年に始めたシェルター活動です。
その後趣旨に賛同する多くのボランティアが集まり、活動を支えています。

休みなく必要となる犬猫たちのお世話は、すべてボランティア有志の手で成り立っています。
シェルターボランティアとして、犬猫たちの日々の暮らしを支え幸せへと導くお手伝い、あなたも参加しませんか?
 
 
どんな子がいるの?
近県の愛護センターから縁あって引き出されたり地域で保護された犬猫たちや福島原発被災犬猫たちが、合わせて100頭ほど2か所のシェルターで暮らしています。
仔猫から老猫まで、年齢も個性もさまざま!
犬もさまざまな犬種、ミックスの仔犬や成犬たちがいます。
動物好きの方にうってつけ、犬猫に囲まれてボランティアしませんか?
 
何をするの?
猫のトイレ掃除、ごはんの準備、ケージのお掃除、
犬の運動や散歩、シェルターの掃除などをお手伝いしていただきます。

投薬など技術と知識のいる作業は先輩ボランティアさんが担当しますから、ご安心ください。

 

シェルターには行けないけれど応援したい
ご自宅でウェブ関係や事務処理などのお手伝いをしてくださるボランティアさんも募集しております。

定期的に打ち合わせにいらしていただき、あとはご自宅で活動を支えていただく。
ご興味のある方は是非ご連絡ください。

いつ行けばいいの?
シェルターでのボランティアの時間帯は

  9時または10時頃~15時頃まで
  18時頃~夜

の2シフトです。
上記時間帯のうち、都合のよい短時間だけお手伝いしていただくことが可能です。
参加は月に1~2回でもOK。

ただし、興味本位の見学気分やちょっと猫カフェ的気分ではなく、継続してお手伝いしていただくことが条件です。
 
どこへ行けばいいの?
2か所のシェルターどちらでもご都合のよい方をお選びいただけます。
一か所は私鉄沿線駅から徒歩圏内、もう一か所は駅からは離れていますが、車の運転ができる方に便利な場所です。
 
まずはトライアル
「興味はあるけど、自分にできるかしら」
「手伝いたいけど続けられるかしら」
など、不安を感じたら……
まずはお試しで一度お手伝いにいらっしゃいませんか?
トライアルを通して続けられそうだな~と感じたら、ぜひおーあみ避難所の仲間になってください。

お問い合わせは
ooamishelter@gmail.com (@を半角にしてください)
まで、お気軽にどうぞ♪

受信メール整理の都合上、メールのタイトルを

  タイトル: ボランティア希望 (お名前)としてください。

折り返しお送りするアンケートにご回答いただき、その後ボランティアに登録いただくまでの流れをご説明するメールを返信いたします。
(やり取りは上記お問い合わせメールアドレスから行いますので、携帯の受信許可設定をよろしくお願いいたします)
正式登録前には「ボランティア同意書」へサインを頂きます。